■プロフィール

hizamakura

Author:hizamakura
大学生(男)です。
楽しみながら頑張っています。
気軽にコメントくださいな♪

■最近買ったもの。

キヤノン PowerShot A710 IS キヤノン PowerShot A710 IS(送料・代引き手数料無料、クレジット可)【ナイト1019】
結構遊べます。お勧めです。

ワイド版 風の谷のナウシカ7巻セット「トルメキア戦役バージョン」
風の谷のナウシカの原作漫画です。映画は2巻まで。しかも話が違う!って知ってましたか?せどり中に 3巻を立ち読みしたら無性に読みたくなってしまったので買いました。昔のものの方が紙の質がいいような…読んでない方は読むことをお勧めします!

■最近の記事
■カテゴリー
■押していただけると喜びます。

人気ブログランキング
JRANKブログランキング FC2ブログランキング

■せどりリンク
■月別アーカイブ
■全ての記事を表示する
■カウンター・アクセスランキング


FC2カウンター
ブログ(blog)ならFC2

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■アクセス解析
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
発送について
 私の本の発送方法について書きます。参考になればよいのですが…。
私は梱包にプチプチを使いますので厚さが2センチを超えてしまい郵便局の冊子小包を使うことが多いです。値段が高いものなど補償が必要なときはヤフー郵パックを使います。冊子小包のいいところは発送が速いということでしょうか。大抵2日ほどで届きますので評価でも「迅速な発送に感謝します」というようなものが多いです。ネックはやっぱり料金ですね。以下のページも参考にしてください。丁寧に書こうとしたんですがめんどくさいし他の方がもっとわかりやすく説明していらっしゃいますから。「発送方法」とかで検索すればいっぱいでてくるし、やっぱり自分で調べるということが大事ですよね(←じゃあ書かなきゃいいのにねぇ)。参考になるわけねぇ。ここでは私は冊子小包派を宣言して終わりたいと思います。
冊子小包郵便
クロネコメール便
Yahoo!ゆうパック


スポンサーサイト

テーマ:せどり - ジャンル:本・雑誌

せどりノウハウ/テクニック(初心者向け) | 09:56:58 | Trackback(0) | Comments(0)
梱包について
 私の本の梱包の仕方について書きたいと思います。まだ評価は30しかありませんがお一人(4)を除いては5を頂いてるので悪くはないようです。参考になったらよいのですが…。

1.発送ラベルと梱包明細書を印刷する。
 
 アマゾンで売れた場合、出品用アカウント>マーケットプレイスの注文をサーチする>注文内容から印刷するページに行けます(わかってるって…)。そのまま印刷するとなんかいまいちなので、ワードに貼り付けて文字の大きさを大きくしたりしてます。一日に売れたとしても5冊やそこらなのでちまちましててもいいかなと。発送ラベルもちょっとフォントを変えたりしてます。

2.本をポリエチレン袋に入れる。
 
 防水のためにポリエチレン袋に入れます。見た目は少し悪いですが安いです。でも少し厚めのしっかりした透明感のあるものを使いましょう。あまりに安くカサカサするようなものはお勧めできません。私は大型本、単行本、雑誌、文庫などわけ隔てなく仕入れますので袋も4種類ほど使い分けてます。袋に入れる際に角が折れやすそうなもの、薄いものなどは厚紙を本の大きさよりも少し大きめに切った物を2枚つくりサンドします。

3.エアキャップ(ぷちぷち)で包む。

 私は宇部興産のC-700の42m巻きをカットして使っています。
これです→エアーキャップC-700(中厚)
 ネットで注文して届いたときに「注意!!お客様の商品です!!使わないように!!」という紙が貼ってあって笑いました。確かに間違えそうですよね
 どうでもいいのですが、「ぷちぷち」というのは川上産業の登録商標で、作ってるところそれぞれにちゃんと名前があるようです(当たり前ですね)。
宇部興産→エアーキャップ
酒井化学→ミナパック
JSP →キャプロン
和泉  →エアセルマット
 なので「気泡シート」と呼ばないといけないみたいですがあんまり聞きませんね。ってほんとにくだらない話してすみません。この気泡シートにはグレードがあって性能が違います。買うときはそこにも気をつけてください。あんまり安いものは安かろう悪かろうですからね。気が小さい僕はちょっと質がいいのを使ってます。はさみで簡単にスーッと切れます。安くていいのですが、綺麗に包もうとすると無駄な部分がでるのが玉に瑕です。切れ端はつぶしてストレス発散切れ端みたいなのを売ってるぐらいですからね。気泡シートがついている封筒(クッション封筒)や袋状になっている気泡シートも売ってますが割高です。自分に合うものを探してみてください。気泡シートを使わず0PPクリスタルパックを使うという方もいるようです(メール便を使うためでしょうね)。

4.封筒を準備する。

 封筒は自分が仕入れる本の大きさに合わせて準備します。私は4種類(角0角2角3角5)ほど使ってます。ぺらぺらではない厚いものを使うようにしてます。あまりに厚い、または大きい本の場合はクラフト巻紙 で包みます。
 宛名は印刷したラベルを幅の広い透明なテープで止めています。こんなの↓
薄くても丈夫ジョインテックス 透明梱包テープ<1巻>
 封筒の前面には「Amazonマーケットプレイスの商品です」ということば、裏には自分の住所を書きます。私はめんどくさいので浸透印を作りました。そのままで1000回、インクの補充もできて便利です。
【送料無料】 浸透印/19ミリ×57ミリ 会社印・住所印・小切手印 オリジナル作成(brother製)

5.封筒に本を入れて封をする。

 やっと終わりますね・・・長かった。
しかしこの封をするというのが侮れません。郵便局の冊子小包で送る場合は中が見えないといけませんので、フラップ(閉じるところ)の端っこを少し切っちゃいます。最初は封をするのに透明なテープを使っていたんですが失敗すると大変なので緊張してました。その次に両面テープを使ってみましたがなくなるのが早く、今は↓テープのりを使ってます。便利ですー。
コクヨ テープのり(ドットライナー)(つめ替えタイプ)[タ-DM400-08]


 こんな感じで梱包しています。もっといい方法あるぞという方宜しければ教えてください。


テーマ:せどり - ジャンル:本・雑誌

せどりノウハウ/テクニック(初心者向け) | 01:42:40 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。